自然の中でジャズ満喫 高崎でフェス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
迫力ある演奏を披露する出演者

 群馬県内外のプロ、アマチュアバンドが出演する「ぐんまジャズフェスティバル2018」が2日、高崎市倉渕町川浦のはまゆう山荘で開かれた。約500人が来場し、軽快な音色に聴き入った。

 高崎経済大モダンジャズ研究会の演奏で幕開けした後、群馬大医学部のフォーブリッジ・オーケストラ、神奈川県横須賀市の歯科医師でつくる社会人バンドなどが続々と登場。全国各地で活躍するトランペット奏者、岡崎好朗さんら4人もステージに上がり、会場を盛り上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事