神田さち子さんが来月一人芝居 日中平和友好条約締結40周年で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一人芝居「帰ってきたおばあさん」について紹介する神田さん(左から2人目)

 日中平和友好条約締結40年を記念し、舞台女優の神田さち子さん(74)が中国残留婦人を題材にした一人芝居「帰ってきたおばあさん」を10月6日、前橋市の群馬会館で上演する。主催する群馬県日本中国友好協会長の中村紀雄さんや専務理事の関根国男県議らとともに3日、同市の上毛新聞社を訪れ、内山充社長にPRした。

 作品は終戦後、中国から帰国できなかった残留婦人の半生を描いた物語。神田さんが1996年から日中両国で上演を続けている。県内の上演は初めて。開演は午後1時半で、定員は先着400人。入場無料だが、事前申し込みが必要。問い合わせは県観光物産国際協会内の県日本中国友好協会(電話027-243-7271)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事