萩原朔太郎賞に中本道代さん 詩集「接吻」 満場一致で決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中本道代さん

 現代詩を対象にした文学賞「第26回萩原朔太郎賞」(前橋市、萩原朔太郎賞の会主催)の選考委員会が3日、群馬県の前橋文学館で開かれ、詩人の中本道代さん(68)=東京都杉並区=の詩集「接吻せっぷん」(思潮社)が満場一致で選ばれた。中本さんは10年ぶりの新作が受賞となり、「この上もない喜び」とコメントを寄せた。

 作品には表題作の「接吻」を含む41編を収録。選考委員を務めた文芸評論家の三浦雅士さんは植物をテーマにした作品がほとんどだとした上で、「萩原朔太郎は植物の不気味な力を詩の対象とし、それを人間の比喩にまで持っていった。手法が潜在的なところで響き合っている」と講評した。受賞作は文芸誌「新潮」の11月号(10月発売)に掲載予定で、賞の贈呈式は10月27日に開く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事