広さ4倍 展示を充実 伊勢崎・田島弥平旧宅の新案内所  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開所に向けて展示の準備をする関係者

 世界文化遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」を構成する田島弥平旧宅(群馬県伊勢崎市境島村)の新たな案内所が8日、近くの旧境島小内に開所する。旧案内所に比べて約4倍の広さになり、ゆったりと見学しながら蚕種や地域の歴史について理解を深めることができる。

 案内所は校舎1階の西側を活用し、2月から工事を進めてきた。かつて校長室と職員室だった場所を展示室とし、保健室を休憩スペースとした。事務室や職員用の休憩室、車椅子でも利用できる多目的トイレも整備し、面積は計390平方メートル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事