華麗な舞 観客魅了 前橋で劇団四季公演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 創立65周年を迎えた劇団四季の記念ミュージカル「ソング&ダンス 65」が5日夜、群馬県前橋市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で上演された。東吾妻町出身の島村幸大さんらが繰り広げる歌と踊りのステージが、1100人の観客を魅了した=写真

 「ライオンキング」の楽曲をはじめ、劇団の歴史を彩る名曲や話題の新曲計約40曲を披露した。見応え、聴き応えのあるオリジナルアレンジに、客席から何度も歓声が上がった。

 公演は上毛新聞社などが主催。6日も同ホールで上演する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事