「海外へ」若手にエール 藤岡出身、バロック・ファゴットの倉林さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「地元で演奏会を開きたい」と話す倉林さん

◎欧州舞台に活躍中

 群馬県藤岡市出身のバロック・ファゴット奏者、倉林麻貴子さん(42)がオーストリア・ザルツブルクを拠点に活躍している。現地の音楽院で講師を務め、欧州各国のオーケストラを渡り歩く。世界的に有名な演奏家とも協演。「チャンスがあればぜひ海外に挑戦してほしい」と県内の若手演奏家にエールを送る。

 バロック・ファゴットはバロック音楽を奏でる木管の古楽器。現在のファゴットの原形で、半音低いなどの違いがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事