東京の田中雄之さんグランプリ きょうまで「きりゅう映画祭」

 第8回きりゅう映画祭が8日、群馬県の桐生市市民文化会館で始まった。全国公募した短編映画のコンペティション「きりゅうアワード」のグランプリは田中雄之たけしさん(東京都)の「The Band's New Stage」、来場者の投票で決まる観客賞には渋谷悠さん(同)の「Repeat After Me」が輝いた。

 全国から93作品の応募があった。1、2次選考で絞り込んだ6作品の中から審査委員会でグランプリを決定した。

 9日は桐生、みどり両市をロケ地として制作された「きりゅうシネマ」を上映。大森歩監督の「家」、畑井雄介監督の「GOOD-BYE」が初披露される。第1回映画祭で「蒼い手」を発表した、中江和仁監督の長編映画「嘘を愛する女」も特別上映する。

関連記事
県内ニュース > 文化・イベントの記事