菊の節句 和菓子で学ぶ 太田の二十四節喜カフェでイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 五節句の一つ「重陽の節句」(旧暦9月9日)にちなんだ1日限りのイベント「重陽のカフェ」が8日、群馬県太田市の山崎酒造酒蔵を改造した「二十四節喜カフェ」で開かれた=写真

 重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれることから、伊勢崎市出身の篠崎峰二子さんが菊をテーマにメニューを考案。菊の形をした和菓子やナシ、ブドウが菊紋入りの皿で提供された。篠崎さんは「和菓子は絶滅危惧種になりつつある。日本の食文化を守りたい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事