県高校新聞コンクール 高崎が2年ぶり最高賞 読み応えある紙面
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
各校の新聞に目を通す審査委員=上毛新聞社

 第32回群馬県高校新聞コンクールの審査会(上毛新聞社主催)が14日、前橋市の上毛新聞社で開かれた。県内13校の新聞部などが制作した新聞が審査され、最高賞の知事賞に高崎が選ばれた。社会問題から身近な関心事まで幅広いテーマを丁寧に掘り下げ、読み応えのある紙面が高く評価された。

 高崎の最高賞受賞は2年ぶり。女性の社会進出やまちづくりなどについて、小渕優子衆院議員、富岡賢治高崎市長、茂木英子安中市長にインタビューした。「上野三碑」やチャリティー音楽イベント、LGBT(性的少数者)など多彩な分野で関係者や現場を取材。高校生のスマートフォン利用実態調査に関する分析記事も掲載するなど、硬軟の話題を織り交ぜて10ページを展開した。審査委員から「問題意識を持って記事が書かれ、紙面としても一つの流れがあった」と評価された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事