星空の下で走りませんか? 嬬恋高生がマラソンを企画 来月開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参加を呼び掛ける嬬恋高の生徒

 群馬県立嬬恋高(長岡剛生校長)の流通ビジネスコース3年生が企画したイベント「スターリーマラソン」が10月6日、嬬恋村干俣のバラギ高原周辺で開催される。主催する村観光協会などが参加者100人を募集している。

 天体観測とマラソンを一緒に楽しむことが狙い。午後5時15分にバラギ湖駐車場を出発し、夕暮れの高原約3キロを走る。ゴールのパルコールつま恋リゾートでは、村ツーリズム推進協のガイドを講師に、天体観測などを楽しむ。

 シュークリームの生地を使い、中に地元のキャベツや肉、チーズなどをはさんだ生徒考案の新商品「クッキーシューバーガー」の試食会も実施する。

 同コースの3年生9人は、村の観光活性化をテーマにした研究に取り組んでいる。イベントを発案した橋詰大夢さんは「標高が高いので星がきれいなのも魅力。キャベツ以外にも村の良さを知ってほしい」と話している。

 参加費は一般2000円、高校生以下は1000円。親子での申し込みで、子どもが小学生以下の場合は子ども料金が500円になる。高地で冷え込みが予想されるため、防寒着の用意を呼び掛けている。

 申し込みや問い合わせは村観光協会(電話0279-97-3721)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事