大名庭園に名月と灯籠 甘楽・楽山苑で「御殿のお月見会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 中秋の名月の「御殿のお月見会」(甘楽町主催)が24日夜、群馬県甘楽町小幡の国指定名勝、楽山園で開かれた。虫の音が響く大名庭園に約400個のろうそく灯籠が並べられ、風情ある庭園を月が柔らかく照らした=写真

 雲間から明るい月がのぞくと、多くの来場者がカメラを向けた。凌雲亭では茶席が設けられ、能が上演された。紙芝居や天体観測も行われ、大勢が秋の夜長を楽しんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事