4大名家の歴史を思う ゆかりの寺巡る 前橋でバスツアー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 江戸時代に現在の前橋市域で藩主を務めた4大名家「前橋四公」について理解を深めるバスツアーが30日開かれた。約40人が市内ゆかりの寺社3カ所を巡り、地元の歴史に思いをはせた。

 松平家によって建立された孝顕寺では、鈴村浩文住職が境内を案内した。鈴村住職が初代前橋藩知事にもなった松平直克の墓前で「平和に貢献した」などと紹介すると、参加者は「人物を表すような立派なお墓」などと見入っていた=写真。参加者は養林寺や龍海院も訪れ、住職らの解説に耳を傾けた。台風の影響を考慮し、午後に予定されていた元景寺、光厳寺、秋元家墓所、前橋東照宮の見学は中止となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事