鉄道文化むらで ファン感激体験 安中・松井田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県安中市松井田町横川の碓氷峠鉄道文化むらは6日、「展示車両清掃・ペイントイベント」を開いた。一般客と東日本鉄道OB会高崎地方本部の約100人が集まり、場内で屋外展示している貴重な車両を塗り替えた=写真

 開園20年記念として初めて開いた。一般参加者は1932年に製造され、東海道本線や高崎線などで活躍した「EF53―2」を担当。OB会は「デゴイチ」の愛称で親しまれる蒸気機関車「D51―96」を塗装した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事