1100人 走って子宮頸がん啓発 高崎で「美スタイルマラソン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 子宮頸がんの予防啓発や健康増進をテーマにした「高崎美スタイルマラソン」が、群馬県高崎市のもてなし広場を発着点に開かれ、市民ランナー1100人が市街地を走って爽やかな汗を流した=写真

 大会は2.5~10キロの距離を男女別や年代別で分けた6部門で実施。テーマカラーのオレンジ色や、グループでそろえたTシャツ姿のランナーは、号砲が響くと元気よくスタートした。シンガー・ソングライターの松田陽子さんらゲストも走って健康や検診の大切さをアピールした。会場ではプロゴルファーの東尾理子さんの子宮頸がん予防トークショーも行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事