「笑う埴輪」 はにわんグランプリ 上位10体が歌い踊る動画公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グランプリ決定後、藤岡歴史館の「笑う埴輪」に見入る親子
(左から)2位のぐんまちゃん埴輪、3位の盾持ち人埴輪
 

 群馬県内で出土した埴輪はにわ100体の人気投票「群馬HANI―1(はにわん)グランプリ」(県など主催)の結果発表が14日、藤岡市で行われ、「笑う埴輪」(藤岡市)が7969票を獲得しグランプリに輝いた。2位は「ぐんまちゃん埴輪」(前橋市)、3位は盾持ち人埴輪(高崎市)。県などは上位10体が歌って踊るオリジナル動画を初公開。群馬の新たな顔としてイメージアップや観光誘客に活用する方針だ。

◎投票総数は5万9261票

 藤岡市の藤岡歴史館と毛野国白石丘陵公園で開かれた群馬古墳フェスタ2018の会場で発表された。

 ステージで10位から順に発表される度に観客から拍手が湧いた。地元の笑う埴輪のグランプリが判明すると大歓声に包まれた。ガッツポーズをしてみせた新井雅博藤岡市長は「この埴輪に多くの人が癒やされたはず。笑顔が絶えない社会であってほしいという皆さんの願いだと思う」と述べた。笑う埴輪に投票した高崎市の高橋式子さんは「埴輪に表情があることに驚き票を入れた。1位になってうれしい」と喜んだ。

 その後、上位10体が踊る動画「ハニハニ群馬 ぐんまのはにわと踊ろう!」を公開。動画はHANI―1グランプリの公式ホームページと動画サイト「ユーチューブ」で視聴できる。

 投票は7月18日~9月17日に行われ、投票総数は5万9261票。応援コメントは1983件に上った。笑う埴輪は「癒やされる」「かわいい」と柔和な表情を評価する声や、「こんな表情豊かな埴輪があったとは」との声が寄せられた。

 5536票を集めたぐんまちゃん埴輪は本家そっくりの愛らしさが支持された。4982票の盾持ち人埴輪には古墳を守護してきた役割をたたえるコメントもあった。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事