校庭にドクターヘリ 前橋 箱田中で救急救命の授業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 救急救命に対する理解を深める授業が18日、群馬県の前橋箱田中(高木威校長)で開かれた。全校生徒387人と地域住民らが、ドクターヘリの離着陸の見学や医師の講演を通じて、救急救命の役割や重要性を学んだ=写真

 前橋消防局の誘導でドクターヘリが校庭に着陸。児童は機体を見学し、急きょ出動要請を受け飛び立っていくヘリを見送った。前橋赤十字病院の中村光伸医師が「命を救うドクターヘリ」と題して講演。ヘリの機能や歴史について解説し「医師や看護師を現場へ運ぶことが大切な役割」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事