朔太郎と龍之介 交友 言葉を漫画で 前橋文学館で特別企画展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市出身の詩人、萩原朔太郎と小説家、芥川龍之介を取り上げた特別企画展「この二人はあやしい」が27日、同市の前橋文学館で始まる。内覧会が26日に行われ、2人のアフォリズムに焦点を当てた展示と、清家雪子さんの漫画「月にえらんねえ」の「龍くんと朔くん篇」が公開された=写真。来年1月20日まで。

 芥川が亡くなるまでの数年間、2人は東京・田端の近所に住むなど深く交流した。「文学」「人間」など五つのテーマを設け、それぞれの言葉をパネルや天井に並べて展示。水曜休館。一般400円(3階は無料)。問い合わせは同館(電話027-235-8011)へ。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事