館林市 聖地認定で機運醸成本腰 アニメ「宇宙よりも遠い場所」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「アニメ聖地88」に選ばれ喜ぶ須藤市長(中央)や中山さん(左)ら

 「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)」に、「宇宙そらよりも遠い場所」で館林市が認定されたことを受け、同市は30日、主催するアニメツーリズム協会に来年度加入し、聖地認定プレートやご朱印などを設置する方針を示した。

◎つつじが岡公園や茂林寺が登場

 館林の情報発信サイト「館林くらし」を運営する中山こんさん(51)は独自にマップを作って配布したり、ファンとオフ会を開いたりと活動してきた。「聖地認定され、市の支援が得られれば、もっと訪れる人が増えるはず」と喜ぶ。須藤和臣市長は「アニメを生かしたまちづくりのスタートになる。機運を高めていきたい」と話した。

 アニメは市内の高校に通う女子高生が、行方不明となった母親を見つけようと南極を目指す同級生らと出会い、現地へ行く「女子高生南極青春グラフィティ」。全13話のうち、1~5話に館林駅やつつじが岡公園、茂林寺などが登場する。1~3月に放送された。

 アニメに登場した場所をファンが巡る「聖地巡礼」も盛ん。つつじが岡公園のあずまやにはファンが思いをつづるノートが置かれている。市内で関連グッズが制作されるなど、話題が広がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事