児童生徒の負担 増額へ 来年度にも 群馬交響楽団の移動音楽教室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬交響楽団が、70年以上にわたり県内の小中高校生を対象にオーケストラ演奏を披露してきた「移動音楽教室」について、児童生徒と市町村に対する負担金の増額を検討していることが8日、分かった。40年近く据え置かれていたが、国の助成金削減や少子化による児童生徒数の減少により運営が厳しくなったのが要因。

 改定案では、小中学生の児童生徒負担金を1人当たり140円増額し、小学生が550円、中学生が600円。市町村負担金は100円の増額で小中学生ともに800円となる。高校生は生徒負担金のみ170円増額し、1200円とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事