勝ち負けはなし 1000人がスポーツ楽しみ交流 館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 お年寄りや障害者、子どもたちがスポーツを通じて交流する第46回ふれあいスポーツ大会が8日、群馬県館林市の城沼総合体育館で開かれた。123団体の約1000人が勝ち負けにこだわらず、11種目で体を動かした。

 2人一組でパンツを履いてゴールを目指すデカパン競走=写真=やほうきを使ってボールを転がす「ほうきでグラウンドゴルフ」などユニークな競技がそろった。保育園児も出場、和気あいあいと楽しんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事