湯畑彩るクリスマスツリー 草津温泉で点灯式 1月15日まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 一足早いクリスマスツリーの点灯式が16日、群馬県草津町の湯畑近くの「湯路広場」で開かれた。2万球の電飾が取り付けられた高さ10メートルのもみの木=写真=が、来年1月15日まで展示される。

 本白根山の噴火などで落ち込んだ入り込み客数を回復しようと、町商工会(直井新吾会長)が初めて実施した。もみの木は長野原町の山中から移植したもので、点灯期間終了後に元の場所に戻すという。

 クリスマス仕様は12月25日までで、同26日~1月15日は正月仕様に変更する。式で直井会長は「今後何年も続く、草津の新しい歴史が始まる」とあいさつした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事