エネルギッシュな歌と踊り 2400人魅了 宝塚歌劇花組が前橋公演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌と踊りで観客を魅了した宝塚歌劇花組公演
華やかな衣装で歌や踊りを披露する宝塚歌劇花組公演

 宝塚歌劇花組公演(前橋市、同市まちづくり公社、上毛新聞社主催)が27日、前橋市の昌賢学園まえばしホールで開かれた。花組で中心的に活動する柚香光ゆずか れいさんや、力強いダンスが持ち味の若手スター、水美舞斗みなみ まいとさんら総勢34人が出演し、エネルギッシュな歌と踊りを披露した。昼と夜2回の公演で2400人を魅了した。

◎若手スター 華やかに

 27日に前橋市内で開かれた宝塚歌劇花組公演は、若手スターら34人が出演、1920年代のヨーロッパを舞台に、陽気なジゴロが金もうけをたくらむサスペンスコメディー「メランコリックジゴロ あぶない相続人」を上演した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事