「稲姫」に収穫感謝 コメ生産者が墓参り 沼田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 沼田市薄根地区のコメ生産者らでつくる稲姫いなひめ会(堀江正司会長)の13人が6日、同市の正覚寺しょうがくじを訪れた。真田氏初代沼田城主の信之の妻、小松姫の墓参りをして今年の収穫に感謝するとともに、来年の豊作を祈願した=写真

 「稲姫」は小松姫の幼名。会は農産物直売所「やさいのもり」(同市下沼田町)を拠点に、稲姫ブランドの商品を販売している。毎年この時期に、新米の収穫を報告するため、寺を訪れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事