1年のけがれ 火渡りで清める 前橋・天明寺で白菜加持法要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市池端町の天明寺(鈴木辨望べんもう住職)で8日、無病息災を祈る「白菜加持法要」が行われた。地元住民ら300人が、護摩法要で今年一年のけがれを清め、地元産ハクサイで英気を養った。

 境内に設けられた木組みの護摩壇に僧侶が火を付けると、住民らは願いを書いた木札を投げ入れ、勢いよく立ち上がる煙を浴びた。火が収まると護摩壇を崩し、子どもからお年寄りまで火渡りをして、身と心を清めた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事