名物発信で“カツ”性化を 桐生にソースカツ丼会 発足
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の桐生名物、ソースカツ丼の魅力を全国に発信しようと、地元の飲食店組合の有志ら14人が「桐生ソースカツ丼会」を発足させた=写真。12日、桐生市役所で記者会見を開き、全国各地のイベント出展やスタンプラリーを通じて、観光振興につなげると発表した。

 会長に就任した志多美屋したみや本店(浜松町)の3代目店主、針谷智之さん(56)は「ソースカツ丼で桐生を活性化したい」と意気込んだ。来春にはパンフレットを作り、スタンプラリーを始める。

 同会は会員を募集している。桐生飲食店組合か桐生麺類商組合の会員で、ソースカツ丼を提供する市内の飲食店が対象。問い合わせは月、水、金曜の午後2~6時に同会(電話0277-45-0987)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事