SDGs私募債開始 第1号 日本ピアノが群響支援 群銀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)斎藤頭取、中森社長から目録を受け取る折茂専務

 群馬銀行(前橋市元総社町、斎藤一雄頭取)は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成への貢献を希望する取引先に対し「ぐんぎんSDGs私募債」の取り扱いを始めた。初めてとなる寄付贈呈式が27日、同行本店で開かれた。

 SDGsは貧困や教育、ジェンダー、エネルギーなどの社会や環境問題を2030年までに解決しようと、国連サミットで採択された17の目標。企業の社会貢献活動とともに、新たな商機としても注目されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事