倉嶋氏「不本意」 前橋副市長解職に疑義
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市政運営方針の違いを理由に31日付で解職される、前橋市の倉嶋敬明副市長は27日、市議会各派代表者会議に出席し、山本龍市長が説明した解職理由に疑義を呈し、「(市長の専決事項なので)私がどうこういうことではない。ただこのまま終わるのは不本意」などと述べた。25日に解職が発表されてから、倉嶋氏が公の場で発言するのは初めて。

 倉嶋氏は、山本市長に解職の理由を直接尋ねた際に、「(倉嶋氏が)市長の悪口を言ったと聞こえてきたのが理由」と伝えられたと明かし、「なぜ解任なのか不思議」と述べた。山本市長は市政運営方針の違いを理由に挙げているが、「意見の相違を指摘されたことは一度もない」「溝はあまり感じていなかった」と強調した。

 中心市街地の再開発事業を巡り、山本市長が一部業者との関係に疑念があると指摘したことについては、「公募要件でおかしなものは出していない。手続き上、間違ったことはしておらず大丈夫と(山本市長に)話した」と説明。その上で、「(山本市長は)公共事業と勘違いしている」「システムをよく理解していない」との見方を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事