発行証書に「くわまる」 4日から伊勢崎市がデザインを変更
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「くわまる」がデザインされた印鑑登録証

 群馬県伊勢崎市は1月4日から、各種証明書に使用している改ざん防止用紙と印鑑登録証(カード)を、世界遺産「田島弥平旧宅」PRキャラクター「くわまる」をあしらったデザインに変更する。市民に親しみを感じてもらいながら、同旧宅をPRする。

 改ざん防止用紙は住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍謄抄本、各種税証明書の刻字に使用しており、市役所市民課や各支所住民福祉課窓口などで年間50万枚ほど発行している。印鑑登録証の発行数は年間約5000枚。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事