「中枢都市へ」産業振興に力 太田市
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フラダンスのパフォーマンスに見入る出席者

 群馬県太田市主催の新春懇談会が4日、市内の式場で開かれ、地元各界の中心人物500人が市勢のさらなる発展を祈った。

 清水聖義市長はあいさつで、全日本実業団対抗駅伝で一時首位に立ったSUBARUの奮闘をたたえた。外国人対応や産業振興に引き続き力を注ぎ、他市町を巻き込んだ中枢都市に成長させる決意を示し、「今年はいつもと違う大きな変化の年になる」と展望した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事