カラオケまねきねこ 9月から国内全525店 全室禁煙に コシダカ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋市にあるまねきねこ前橋本店。9月から国内全店舗で禁煙を実施する

 カラオケチェーン最大手のコシダカ(前橋市大友町、腰高博社長)は15日、国内で展開する「カラオケまねきねこ」の全店舗で9月1日から全室を禁煙にすると発表した。喫煙スペースを設置し、喫煙者にも対応する。2020年東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策に先駆け、全ての顧客が快適に過ごせる空間を目指す。

◎喫煙者対応でスペースは設置

 同社は、2016年9月に東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で全室を禁煙化した。顧客からは「たばこ臭さや消臭剤の臭いがなく快適」などと反応が良いため、全店舗の禁煙化に踏み切る。

 対象となるのは国内の525店(昨年12月末現在)。既に全室禁煙としている1都3県などの198店を除く327店で、天井やエアコンに染み付いた臭いを取り除くリニューアル工事をする。

 同社IR広報担当は「今まで喫煙利用していた部屋を単に禁煙にするだけでなく、残留物から受動喫煙する『三次喫煙』対策も徹底し、全てのお客さまが気持ち良く楽しめる空間を提供する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事