昭和村議再選挙 3新人立候補へ あす告示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬の県内市町村議選で初の再選挙となる昭和村議選が22日に告示される。欠員3に対して新人3人が立候補届け出関係書類の事前審査を受けており、2度目の再選挙は回避される見通しだ。立候補者が4人以上の場合は27日に投開票が行われる。

 昨年11月の同村議選(定数12)では、立候補した9人の無投票当選が確定する一方、定数の6分の1を超える欠員が生じ、公職選挙法の規定で欠員分について再選挙が決まった。今回立候補が1人だけで無投票当選となった場合でも「再々選挙」は回避される。12月1日現在の選挙人名簿登録者数は5932人(男2937人、女2995人)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事