利用が14%増加 県が実験継続検討 東武桐生線の料金助成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県の東武桐生線(太田―赤城間)の利用促進のため、「特急りょうもう」の特急料金を全額助成する社会実験について、県は6日までに、同路線の定期外利用者が前年同期に比べて14%伸びたことを明らかにした。一定のニーズが確認できたとして、県は今後、東武鉄道と協議し、実験期間の延長や助成申請手続きの簡略化を検討したい考え。

 社会実験を行った昨年11、12月の利用状況を分析した。実験では助成により、普通運賃で利用できる列車本数をほぼ倍の1時間に2本にした。同路線での特急利用は前年から倍増。2月末時点で助成の申請が3115件あり、約140万円の助成を予定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事