選挙公報 見せ方に工夫 イラストやQRコード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県議選は後半戦に入り、支持拡大を目指す各陣営の訴えがさらに熱を帯びてきた。選挙カーや自転車などで地域を巡り、街頭演説を重ねてアピールするが、公約や略歴、政治姿勢をまとめた選挙公報でも“熱戦”を展開している。

 12選挙区に立候補した57人の主張を見渡すと、多くが地域経済の活性化や子育て環境の整備、高齢者福祉の充実、防災・減災対策を取り上げた。人口減少がより深刻な地域では、移住定住、観光振興もキーワードとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事