新入社員「就活ここが大事」 先輩の人柄を重視
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンデンホールディングスとグループ会社の合同入社式=埼玉県本庄市

 多くの群馬県内の企業が入社式を開いた1日、新入社員は希望を胸に、新しい生活をスタートさせた。1年前の就職活動を振り返ってもらい、就活の心構えや企業の選び方を聞いた。

 サンデンホールディングス(伊勢崎市)のグループ合同入社式には102人が出席した。開発の仕事に携わりたいという前橋工科大大学院修了の高以来たかいら咲希さん(25)は「就活を始める前に、何をしたいのか、はっきりさせておくことが重要」と強調した。出産や育児と仕事との両立に理解がある企業かどうかにも注目したとし、「人生設計を描くことができて、長く働ける会社を選んだ」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事