平和自動車が中国大手と契約 電気バス事業参入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄県に導入されたBYDの電気バス

 自動車整備の平和自動車工業(伊勢崎市曲沢町、深井俊光社長)は電気バス事業に参入する。中国の大手電気自動車(EV)メーカー、比亜迪(BYD)の日本法人ビーワイディージャパン(横浜市)と業務委託契約を結んだ。県内事業所では初めて。同日本法人が販売する電気バスの特殊装備の取り付け作業を請け負うほか、車両整備を手掛ける。

 平和自動車工業は、電気バスに電光掲示板やつり革、乗降ボタンといった日本仕様の装備を取り付ける架装事業を担う。グループ会社の倉庫にスペアパーツを保管し、整備事業も始める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事