《特集》統一地方選 各地で当選者決まる
 第19回統一地方選後半戦の首長選・議員選は21日投開票され、群馬県内の3...
当選を決め支持者に応える荒木氏
「元気出る施策を」 桐生市長選 荒木恵司氏が新人一騎打ち制す
荒木恵司氏 無新 28798票 当選(1期)伏木康雄氏 無新 18758票...
4選を果たし、花束を受け取る熊川氏(右)
「上信道」推進を約束 嬬恋村長選 熊川栄氏が制し再戦
熊川 栄氏 無現 3652票 当選(4期)唐沢 弘氏 無新 2146票 午...
通算4選を決め、支持者と万歳する真塩氏
政策「新しく大胆に」 榛東村長選 真塩卓氏が三つどもえ制す
真塩  卓氏 無現 3339票 当選(4期)高田 清一氏 無新 2451票...
(左から)星野栄二、星野吉弥、狩野孝夫
片品村議選(定数12―13) 開票結果
(敬称略)星野栄二(56) 無現 390票 当選(3期)星野吉弥(63) ...
(左から)小野田富康、亀井伝吉、延山宗一
板倉町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)小野田富康(46) 無新 1077票 当選(1期)亀井 伝吉(6...
(左から)高橋弘、須崎幸一、青柳はるみ
東吾妻町議選(定数14-15) 開票結果
(敬称略)高橋  弘(66) 無新 890票 当選(1期)須崎 幸一(62...
(左から)黒岩敏行、土屋圭吾、松本幸
嬬恋村議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)黒岩 敏行(54)無新 696票 当選(1期)土屋 圭吾(55)...
(左から)小栗芳雄、関美香、佐藤力也
中之条町議選(定数15-16) 開票結果
(敬称略)小栗 芳雄(65) 無現 1022票 当選(4期)関  美香(5...
(左から)金丸勝利、宮崎公雄、湯本晃久
草津町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)金丸勝利(57) 公現 472票 当選(2期)宮崎公雄(60) ...
「町政閉塞感に新風」 吉岡町長選 柴崎徳一郎氏が3度目立候補で初当選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3度目の挑戦で無投票当選を決め万歳する柴崎氏

 吉岡町長選は前回までの激しい一騎打ちの構図から一変し、20年ぶりとなる無投票で、柴崎徳一郎氏が初当選を決めた。午後5時すぎ、選挙事務所に当選の一報が届くと、詰め掛けた約120人の支持者から大きな拍手と歓声が湧いた。

 柴崎氏は2007年と11年の町長選で涙をのんだことを振り返り、「今度こそという思いで3度目の挑戦をした。マンネリ化と閉塞へいそく感が漂う町政に新たな風を吹かせたい」と決意を述べた。無投票当選に触れ「あっけない幕切れ。現職と一騎打ちで戦いたかった」とこぼす場面もあった。

柴崎徳一郎氏(71) 農業 無新 1期
 【略歴】日本スカイクロス協会理事。元町議1期、元町議会運営副委員長、元町議会事務局長。東京福祉大(通信課程)卒
 【公約】(1)育児と弱者の支援(2)芸術とスポーツ活動推進(3)インフラの整備(4)危機管理意識の高揚推進(5)吉岡中生を東京五輪に招待


《解説》全世代に目配りを
 告示直前に現職の石関昭氏が不出馬の意向を表明し、新人の柴崎徳一郎氏が町政を担うことになった。

 町は前橋、高崎両市などのベッドタウンとして若年層を中心に流入が著しい。人口は2万1471人(4月1日現在)と5年前から6.1%増加。人口減に悩む自治体が多い中、出生数から死亡数を差し引いた自然動態も35人増(2018年10月1日現在)で、県内で唯一プラスを維持する。

 人口増は大きな強みだ。半面、増える児童生徒数に教育施設が追い付かず、教室不足といった課題に直面している。本年度一般会計当初予算は教育費を約13億7900万円と前年度からほぼ倍増させ、駒寄小の体育館新築や吉岡中の校舎増築など教育インフラの整備を急ぐ。

 人を呼び込み、定住につなげるには子育て世代だけでなく、全世代に目配りした施策が必要だ。地域への愛着の醸成も重要となる。「住み続けたいまち」を掲げた柴崎氏。将来へ続く活力ある町づくりを実現できるか。手腕が試される。(渋川支局 堀口颯)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事