《特集》統一地方選 各地で当選者決まる
 第19回統一地方選後半戦の首長選・議員選は21日投開票され、群馬県内の3...
当選を決め支持者に応える荒木氏
「元気出る施策を」 桐生市長選 荒木恵司氏が新人一騎打ち制す
荒木恵司氏 無新 28798票 当選(1期)伏木康雄氏 無新 18758票...
4選を果たし、花束を受け取る熊川氏(右)
「上信道」推進を約束 嬬恋村長選 熊川栄氏が制し再戦
熊川 栄氏 無現 3652票 当選(4期)唐沢 弘氏 無新 2146票 午...
通算4選を決め、支持者と万歳する真塩氏
政策「新しく大胆に」 榛東村長選 真塩卓氏が三つどもえ制す
真塩  卓氏 無現 3339票 当選(4期)高田 清一氏 無新 2451票...
(左から)星野栄二、星野吉弥、狩野孝夫
片品村議選(定数12―13) 開票結果
(敬称略)星野栄二(56) 無現 390票 当選(3期)星野吉弥(63) ...
(左から)小野田富康、亀井伝吉、延山宗一
板倉町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)小野田富康(46) 無新 1077票 当選(1期)亀井 伝吉(6...
(左から)高橋弘、須崎幸一、青柳はるみ
東吾妻町議選(定数14-15) 開票結果
(敬称略)高橋  弘(66) 無新 890票 当選(1期)須崎 幸一(62...
(左から)黒岩敏行、土屋圭吾、松本幸
嬬恋村議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)黒岩 敏行(54)無新 696票 当選(1期)土屋 圭吾(55)...
(左から)小栗芳雄、関美香、佐藤力也
中之条町議選(定数15-16) 開票結果
(敬称略)小栗 芳雄(65) 無現 1022票 当選(4期)関  美香(5...
(左から)金丸勝利、宮崎公雄、湯本晃久
草津町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)金丸勝利(57) 公現 472票 当選(2期)宮崎公雄(60) ...
「オールインワンの町づくり」 明和町長選 冨塚基輔氏が無投票当選で決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無投票で再選を決め、支持者から花束を受け取る冨塚氏

 明和町長選は現職の冨塚基輔氏が無投票で再選を果たした。午後5時すぎ、当選の知らせが入ると、同町中谷の選挙事務所は大きな拍手と歓声に包まれた。

 冨塚氏は集まった支持者と握手を交わし、祝勝会では万歳三唱を2度繰り返して喜びを分かち合った。

 祝いの花束を受け取った冨塚氏は「皆さまの支持のおかげで、無投票で当選することができた」と感謝を込めた。これに続けて「就職や子育て、買い物など何でも(地元で)することができる、オールインワンの町をつくりたい」と決意を述べた。

冨塚基輔氏(61) 町長 無現 2期
 【略歴】元不動産会社社長、元町議2期、元町議会議長、元同副議長、元東武鉄道職員、旧明和村職員。館林高卒
 【公約】(1)オールインワンのまちづくり(2)雇用機会の創出(3)医療と福祉施設の整備(4)商業施設の充実(5)移住と定住の促進


《解説》雇用機会 創出が鍵
 2015年の前回町長選で当選以来、積極的な企業誘致や工業団地の拡張事業に取り組んできた冨塚基輔氏が対立候補擁立の隙を与えず、再選を果たした。

 町内のスーパーマーケットが閉鎖した後、4年ぶりとなるスーパーを16年に誘致。大手段ボール製造企業などの誘致も実現し、雇用の場を広げつつある。多世代交流や福祉の拠点として、ふれあいセンター「ポプラ」「スズカケ」をそれぞれ開所。累計8万人近くが利用しており、町民の憩いの場を作り出した。

 一方、人口は02年の1万1683人をピークに減少が続いている。冨塚氏が掲げる「オールインワンのまちづくり」とは、宿泊や医療、商業などの施設を充実させ雇用機会を創出する―との構想だ。いかに実現できるかが鍵を握る。

 東武伊勢崎線川俣駅の乗降客数の1日平均は2782人(17年度)と15年度から約130人増えている。今後の駅周辺の開発や利活用で、人口や利用者を増やせるか。2期目の成果が注目される。(館林支局 高木大喜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事