「ヒュッテ ハヤシ」生ハム 赤城の名産に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベーコン料理を試食する参加者

 前橋市三夜沢町で「林牧場福豚の里とんとん広場」を運営するエーアンドブイ企画(同所、林智浩社長)は19日、広場のレストランで、3月に営業を開始した生ハム販売店「ヒュッテ ハヤシ」の開店記念パーティーを開いた。関係者約250人が来場し、オープンを祝った。

 パーティーで林社長は「豚の産地である赤城を生ハムの名産地にしたいと考えて開店した」と経緯を説明。「生ハムや子豚の丸焼きなど、赤城産の豚を味わいながら参加者同士の交流を深めてほしい」と呼び掛けた。

 同店の開設は地元の養豚農家に生ハム作りを教え、生産者団体をつくって赤城山の生ハムをブランド化するのが狙い。赤城山麓で育てた豚を使った多様な種類の生ハムや、ソーセージを取り扱う。

 出席した山本龍市長は「新しい赤城の価値ができた」と期待を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事