きょう投開票 3市村長選・16市町村議選  統一選後半戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 統一選後半戦となる市町村の首長選・議員選は21日、投開票される。首長選は桐生、榛東、嬬恋の3市村で計7人が舌戦を展開し、議員選は16市町村の計283議席を335人が争った。選挙戦最終日の20日も各候補は票の上積みを目指し、有権者に訴え掛けた。

 桐生市長選は56年ぶりに伏木康雄氏と荒木恵司氏の新人同士の争いとなった。

 榛東村長選は通算4期目を狙う現職の真塩卓氏に、高田清一氏と中島由美子氏の新人2人が挑む三つどもえとなった。

 嬬恋村長選は4選を狙う現職の熊川栄氏(71)と新人で元村議の唐沢弘氏(70)の一騎打ち。最終日は両陣営とも、選挙事務所で決起集会を開き、最後の訴えを展開した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事