《特集》統一地方選 各地で当選者決まる
 第19回統一地方選後半戦の首長選・議員選は21日投開票され、群馬県内の3...
当選を決め支持者に応える荒木氏
「元気出る施策を」 桐生市長選 荒木恵司氏が新人一騎打ち制す
荒木恵司氏 無新 28798票 当選(1期)伏木康雄氏 無新 18758票...
4選を果たし、花束を受け取る熊川氏(右)
「上信道」推進を約束 嬬恋村長選 熊川栄氏が制し再戦
熊川 栄氏 無現 3652票 当選(4期)唐沢 弘氏 無新 2146票 午...
通算4選を決め、支持者と万歳する真塩氏
政策「新しく大胆に」 榛東村長選 真塩卓氏が三つどもえ制す
真塩  卓氏 無現 3339票 当選(4期)高田 清一氏 無新 2451票...
(左から)星野栄二、星野吉弥、狩野孝夫
片品村議選(定数12―13) 開票結果
(敬称略)星野栄二(56) 無現 390票 当選(3期)星野吉弥(63) ...
(左から)小野田富康、亀井伝吉、延山宗一
板倉町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)小野田富康(46) 無新 1077票 当選(1期)亀井 伝吉(6...
(左から)高橋弘、須崎幸一、青柳はるみ
東吾妻町議選(定数14-15) 開票結果
(敬称略)高橋  弘(66) 無新 890票 当選(1期)須崎 幸一(62...
(左から)黒岩敏行、土屋圭吾、松本幸
嬬恋村議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)黒岩 敏行(54)無新 696票 当選(1期)土屋 圭吾(55)...
(左から)小栗芳雄、関美香、佐藤力也
中之条町議選(定数15-16) 開票結果
(敬称略)小栗 芳雄(65) 無現 1022票 当選(4期)関  美香(5...
(左から)金丸勝利、宮崎公雄、湯本晃久
草津町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)金丸勝利(57) 公現 472票 当選(2期)宮崎公雄(60) ...
政策「新しく大胆に」 榛東村長選 真塩卓氏が三つどもえ制す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
通算4選を決め、支持者と万歳する真塩氏

真塩  卓氏 無現 3339票 当選(4期)
高田 清一氏 無新 2451票
中島由美子氏 無新 1762票


 現職の真塩卓氏が通算4期目の当選を決めた。午後10時5分ごろ、榛東村新井の選挙事務所に当確の一報が届くと、集まった支持者に安堵あんどの声が広がった。

 拍手と歓声に迎えられた真塩氏は「掲げた公約や選挙中の皆さんの声を胸に、新しく、大胆に、思い切った政策をやっていく」と力強く宣言。「応援とともに批判や提言もしてほしい」と呼び掛けた。「若い人に助けられた」と精力的に活動した青年部をねぎらい、涙をぬぐった。

 全行政区に後援会支部を張り巡らせたほか、多くの村議、各種団体の支援を取り付け、厚い組織で臨んだ。高校生までの医療費無料化や防災拠点施設の整備などを掲げて幅広い層に浸透した。3期12年の実績と、これまでに培った国や県との太いパイプをアピールして手堅く票をまとめ、村政の刷新を訴える新人2人を退けた。


真塩卓氏 72 村長 無現(4期)
 【略歴】元県町村会長、元村助役、元県企業局経理課長、元県高崎財務事務所長、元県総務部税務課次長。前橋工業高卒
 【公約】(1)複合型の防災拠点施設の整備(2)高校生までの医療費無料化(3)関越道駒寄スマートICから村役場までの延伸道路の整備

《解説》批判受け止め一体化を
 47年ぶりとなる三つどもえの激戦を、現職の真塩卓氏が制した。村民は3期12年の実績と手腕を評価し、60年の節目を迎える村政のかじ取りを託した。

 後継者の擁立を断念し、告示直前に出馬を表明した。出遅れが指摘されたが、「あと1期任せてほしい」と、現職の強みを生かした組織戦で逃げ切った。

 老朽化した中央公民館や給食センターの建て替えが課題だ。複合型の防災拠点施設として整備するとした真塩氏の公約に期待する声は大きい。整備には国の補助金を使い、村の財源は教育や福祉に振り向けるといった主張も支持を集めた。

 ただ、敗れた2新人の合計得票数は4200票余りで、真塩氏を上回った。刷新を求めた村民の意思と捉えれば、「批判票」を重く受け止める必要がある。

 真塩氏は「次世代への懸け橋となる政治」を掲げた。持続的な村づくりには村民の結束が欠かせない。しこりを残さず、反対勢力の声にも耳を傾け、村の一体化を進めなければならない。(渋川支局 堀口颯)


◎支持拡大図るも「組織力勝てず」…高田清一氏
 「えー」。午後10時すぎ、高田清一氏の落選が分かると、榛東村山子田の選挙事務所に集まった支持者は、一様に失意の表情をにじませた。

 高田氏は言葉を詰まらせながら「草の根では強い組織力には勝てなかった。不徳の致すところ」と述べた。

 告示6日前、「村政を刷新する」と出馬表明した。「村民の立場に立った政治を」と訴え、支持の拡大を狙ったが、現職の厚い壁を崩すことはできなかった。

 「今後は一村民として、村を変えるために努力する」と決意した高田氏に、大きな拍手が送られた。

◎現職の壁破れず 「力不足」と陳謝…中島由美子氏
 村政の刷新を掲げて三つどもえの激戦に挑んだが、組織の厚い現職を破れなかった。午後10時5分ごろ、落選が確実になると、榛東村長岡の中島由美子氏の選挙事務所に集まった支持者から落胆のため息が漏れた。

 中島氏は「力不足で申し訳なかった。4年間、村づくりを見つめながら次の選挙につなげたい」と述べ、深々と頭を下げた。

 唯一の女性候補として、子育て世代に向け、給食費の完全無料化や情報通信技術(ICT)を用いた教育支援などを訴えた。村内を徹底的に回り、新住民にも浸透を目指したが及ばなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事