《特集》統一地方選 各地で当選者決まる
 第19回統一地方選後半戦の首長選・議員選は21日投開票され、群馬県内の3...
当選を決め支持者に応える荒木氏
「元気出る施策を」 桐生市長選 荒木恵司氏が新人一騎打ち制す
荒木恵司氏 無新 28798票 当選(1期)伏木康雄氏 無新 18758票...
4選を果たし、花束を受け取る熊川氏(右)
「上信道」推進を約束 嬬恋村長選 熊川栄氏が制し再戦
熊川 栄氏 無現 3652票 当選(4期)唐沢 弘氏 無新 2146票 午...
通算4選を決め、支持者と万歳する真塩氏
政策「新しく大胆に」 榛東村長選 真塩卓氏が三つどもえ制す
真塩  卓氏 無現 3339票 当選(4期)高田 清一氏 無新 2451票...
(左から)星野栄二、星野吉弥、狩野孝夫
片品村議選(定数12―13) 開票結果
(敬称略)星野栄二(56) 無現 390票 当選(3期)星野吉弥(63) ...
(左から)小野田富康、亀井伝吉、延山宗一
板倉町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)小野田富康(46) 無新 1077票 当選(1期)亀井 伝吉(6...
(左から)高橋弘、須崎幸一、青柳はるみ
東吾妻町議選(定数14-15) 開票結果
(敬称略)高橋  弘(66) 無新 890票 当選(1期)須崎 幸一(62...
(左から)黒岩敏行、土屋圭吾、松本幸
嬬恋村議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)黒岩 敏行(54)無新 696票 当選(1期)土屋 圭吾(55)...
(左から)小栗芳雄、関美香、佐藤力也
中之条町議選(定数15-16) 開票結果
(敬称略)小栗 芳雄(65) 無現 1022票 当選(4期)関  美香(5...
(左から)金丸勝利、宮崎公雄、湯本晃久
草津町議選(定数12-13) 開票結果
(敬称略)金丸勝利(57) 公現 472票 当選(2期)宮崎公雄(60) ...
「元気出る施策を」 桐生市長選 荒木恵司氏が新人一騎打ち制す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当選を決め支持者に応える荒木氏

荒木恵司氏 無新 28798票 当選(1期)
伏木康雄氏 無新 18758票


 午後9時5分ごろ、荒木恵司氏の初当選が決まると、桐生市新宿の選挙事務所は支持者の拍手と歓声に包まれた。

 56年ぶりの新人同士の一騎打ちを制し、引き締まった表情で事務所に姿を見せた荒木氏は「全ての皆さんに心から感謝。目に見える形で、市民が元気の出る施策をどんどん打ち立てていく」と力強く意気込みを語った。みどり市との合併については「1年半から2年で方向性を出したい」とした。

 盤石な態勢で臨んだが、陣営は組織に頼らない草の根選挙を展開する36歳の相手候補を警戒。「簡単な選挙ではない」と組織の引き締めを図ってきた。19日の総決起大会で荒木氏も「とにかく勝つことだけ」と訴え、票の上積みにつなげた。


荒木恵司氏(60) 元県議 無新(1期)
 【略歴】元県議1期、元市議3期、元市議会議長、元桐生青年会議所副理事長、元市消防団第8分団長。青山学院大卒
 【公約】(1)地域経済が循環するまち(2)若者の市政参加(3)市役所改革(4)生活文化都市桐生の実現(5)市民の活躍を応援するまちづくり


《解説》人口や合併 将来像を
 新人同士の一騎打ちを制し、元県議の荒木恵司氏が初当選を決めた。現職の引退で票の動きが流動化する中、各種団体や自民党県連、公明党県本部の支援を取り付け、盤石な態勢で票を積み上げた。

 喫緊の課題が山積みの桐生市にあって、突出する人口減少や白紙に戻ったみどり市との合併問題への対応は特に注目される。市民の負託に応えるためにも、荒木氏には貫いてきた「現場主義」をこれまで以上に徹底し、こうした市民生活に関わる重要課題に臨むことが求められる。

 人口減少対策について荒木氏は、妊娠から出産、子育てまでの切れ目ない支援策を提案し、桐生独自の魅力ある教育プログラムの構築を掲げる。空き家対策、住宅取得補助の拡充も視野に入れる。

 みどり市との合併については、必要性を強調。両地域の将来像や、広域事業と公共施設の在り方などを定期的に話し合う会議の設置を同市に申し込み、機運の醸成を図る考えを示している。

 桐生市の進むべき方向性を示しながら、これらの施策を着実に実行に移していけるか。新たなリーダーの手腕が試される。(桐生支局 高橋克典)


◎草の根活動展開 支援者に感謝…伏木康雄氏
 午後9時5分すぎ、伏木康雄氏の落選が確実になると、桐生市末広町の選挙事務所に集まった支援者は落胆を隠さなかった。

 市議2期目を迎えた3年前に出馬を表明した。みどり市との合併の必要性や空きビルを活用した新庁舎の実現を訴え、草の根活動を展開した。自転車で回って支持を訴えたが、業界や団体などから幅広い支持を受けた対立候補に及ばなかった。

 伏木氏は「選挙には勝てなかったが、新しい桐生に期待する声をたくさん聞けた。1万8000票以上を得られたのは、支援者のおかげ」と感謝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事