豚コレラ対策など国へ12項目要望 関東地方知事会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県など10都県でつくる関東地方知事会(会長・森田健作千葉県知事)は22日、東京都内で会合を開き、大沢正明知事が提案した豚コレラ対策強化など、国への12項目の要望をまとめた。

 豚コレラ対策は①発生原因や経路の早期解明②養豚場への侵入防止対策の財政支援拡充③検疫体制の強化―など5点。移動自粛や検査などで経済的損失が生じる搬出制限区域外の監視対象農場、関連施設への補償も求めた。問題の重要性から国に緊急アピールすることが提案された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事