ベイシア 関東全域に 神奈川・三浦に進出 いせや創業から60年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神奈川県内に初めて開業したベイシア三浦店

 スーパーを展開する群馬県のベイシア(前橋市亀里町、橋本浩英社長)は24日、神奈川県内に初めて出店し、目標としていた関東全域に進出した。前身のいせや創業から60周年の節目で達成。空白県への進出により物流の効率化が見込めるため、消費者により安く商品が提供できるという。

 開業した三浦店(三浦市)は鉄骨造り2階建て(一部半地下)で、延べ床面積は約7000平方メートル。駐車場は屋上を含め217台分用意した。売り場は肉や魚などの総菜を強化したほか、同社初の簡単調理シリーズ「オイージースイージー」のコーナーを設け、短時間で調理できる商品をそろえた。前身のいせやは1958年に伊勢崎市で開店。96年に社名をベイシアに変更し、三浦店が15都県142店目となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事