「令和」祝う釜めし販売 荻野屋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 弁当製造販売などを手掛ける荻野屋(安中市松井田町横川、高見沢志和社長)は31日まで、「新元号記念釜めし」=写真=を限定販売している。キンメダイや数の子などを使い、「縁起のいい具材で令和をお祝いしたい」としている。

 キンメダイの照り焼き、トコブシの酒蒸し、数の子のしょうゆ漬け、紅白に色を付けたレンコン煮など13種の具材が、キンメダイの炊き込みご飯の上を鮮やかに彩る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事