「人と会い世界広げて」 留学生へ糸井社長講義 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糸井社長の話に耳を傾ける留学生

 留学生の群馬県内定着を目指す「グローカル・ハタラクラスぐんまプロジェクト」のキャリア教育に関する講義が26日、前橋市の中央公民館で開かれた。留学生約30人が総合リサイクル業の糸井商事(高崎市)の糸井丈之社長の話に耳を傾けた。

 糸井社長は留学生の県内就職について「人口が減少する中で、外国人にも社の幹部としての活躍が求められてくる」と説明、「学生のうちに多くの人と出会って世界を広げてほしい」とアドバイスした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事