旧JR・碓氷峠区間 廃線に鉄道自転車「レールバイク」を計画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レールバイクの実証実験で、大人数で乗りながら安全性を確認する関係者ら
 

 旧JR信越本線の碓氷峠区間(横川―軽井沢)を活用し、群馬県の安中、富岡の両市と長野県軽井沢町が、廃線を走る鉄道自転車「レールバイク」の運行を計画している。周遊観光を促すのが狙いで、大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン」が開かれる2020年までの運行開始を目指す。

◎時速12キロ 約1時間で峠越え
 同区間は長野新幹線の開業に伴い、1997年9月に廃止された。新線と旧線の線路が残され、旧線の一部は遊歩道「アプトの道」として整備され、多くの観光客が訪れている。

 計画では、横川(峠の湯付近)―軽井沢区間の新線約10キロでの運行を想定。碓氷第三橋梁(通称・めがね橋)をはじめ、四季折々の景色を楽しめるコースとなる。

 レールバイクは4人乗り。電動アシスト付きで、ペダルを踏んでレールの上を前進する。時速12キロほどで走り、約1時間程度で片道区間を走行する。導入台数や運行形態など詳細は今後詰める。

 30、31両日に行われた実証実験では、多めの人数を乗せて碓氷峠の急勾配を一定速度で走行できるかなどを試し、おおむね安全性が確認できたという。3市町は今後も安全性を高めるための試運転やトンネル内の点検などを重ね、計画を前進させる。

 観光地として人気の軽井沢町には、年間870万人を超える観光客が訪れる。運行開始に伴い、新たなアトラクションとして観光客の増加が見込まれるほか、安中、富岡エリアへの回遊も期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事