高崎高島屋の老神PR 宿泊プラン用意・新鮮野菜を販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンペーンをPRする高崎高島屋や老神温泉の関係者ら

 高崎高島屋(群馬県高崎市旭町、中川徹社長)は18日、26日から実施するキャンペーン「星がキレイな老神温泉へ行こう!」の概要を発表した。1カ月間にわたり、店内で映像を流したり、イベントを開催したりして温泉地をPR。老神温泉の宿泊プランも用意する。

 7月6、7の両日は白い蛇をモチーフにした大蛇みこし(20.2メートル)がJR高崎駅前を練り歩く。商品券や沼田市の特産が当たる抽選会、採れたての野菜販売も実施する。

 宿泊プランは7月26~27日と同28~29日の日程で、吟松亭あわしまに滞在する。4人1部屋で、いずれも先着6部屋。星空観察会を親子で楽しめる。

 沼田市役所で開かれた記者会見には中川社長や横山公一市長、老神温泉観光協会の関係者らが出席。中川社長は「七夕に重なるため、星がきれいな場所を探していたら老神温泉に行き着いた。企画を通じて温泉地に足を運んでもらえたらうれしい」と期待した。横山市長も「景観や空気、野菜と、老神には素晴らしいものが多い。ゆっくりと星空を眺めてほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事