すいとん手軽に キリブチ製麺が小麦粉入りカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すいとんのもとなどが作れる「まぜまぜカップシリーズ」

 製粉や製麺を手掛けるキリブチ製麺(富岡市一ノ宮、桐渕明祝あきのり社長)は、県産の小麦粉を混ぜて、すいとんのもとなどが簡単に作れる「まぜまぜカップシリーズ」を発売した。手軽さをPRし幅広い世代に売り込む。

 手のひらサイズのカップに袋詰めの小麦粉(計150グラム)が入っており、水と混ぜて練ればすいとんのもとができる。この他、お好み焼きと、手打ちうどんのもとが作れるシリーズを用意。将来的にはそばなども製品化していきたいという。

 食生活の変化などを受け、1人でも食べきることができ、簡単に作れる商品として考案した。小さな子どもがいる家庭から1人暮らしのお年寄りまで、さまざまな世代に提案する。

 桐渕好幸専務は「簡単で時間や場所を問わずに小麦粉の料理が楽しめる。商品を通じて小麦粉の文化も伝えていきたい」と話す。

 1カップ350円。同市周辺の道の駅やJAの直売所で売っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事