経営革新の軌跡たどる 館林の製粉ミュージアムに常設展示室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 日清製粉グループの経営革新活動の軌跡を知ってもらおうと、群馬県館林市栄町の製粉ミュージアムは11日、常設展示室「NIライブラリー」をオープンする。グループ本社(東京都)の名誉会長相談役、正田修さんの経営哲学を抽出した61の言葉に触れることができる=写真

 日清製粉グループは正田さんが主導した経営革新活動を「NI活動」と呼んでいる。展示室は本館2階の一室に開設。32インチの専用モニターを操作して、正田さんの言葉を検索できる。正田さんが話している映像や新聞記事なども映し出される。壁は発言の年代が分かる年表となっている。午前10時~午後4時半(入館は同4時まで)。月曜休館(祝日の場合は火曜)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事