奈良屋(草津)素泊まりホテル 高級志向、訪日客に照準
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10日に開業する「源泉一乃湯」の露天風呂付き部屋のイメージ

 草津温泉で宿泊施設を展開する奈良屋(草津町草津、小林禮子社長)は26日、湯畑に近い地蔵地区で、素泊まり専用ホテル「源泉一乃湯」を10日に開業すると発表した。素泊まりでも高級感を求める客や訪日外国人客(インバウンド)を取り込む。

 湯畑から徒歩数分に位置する旧一田屋旅館を全面的に改修した。敷地面積は1790平方メートルで、鉄骨と木造を組み合わせた3階建て建物の延べ床面積は3740平方メートル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事